WPF(.NET Core) の機能を利用する DLL プロジェクト

WPF(.NET Core)の機能を利用する DLL プロジェクトの作成についての備忘録です。

2019年11月17日時点では DLL プロジェクトのテンプレートで .NET Core 用のものを選ぶと、そのままでは WPF(.NET Core)用のライブラリ参照ができないので、プロジェクト ファイルの編集を行う必要があります。

Visual Studio 2019 で「クラスライブラリ(.NET Core)」のテンプレートを選択してソリューションを作成し、System.Windows.Input.CommandManager クラスを参照しようとすると、 エラー 「現在のコンテキストに存在しません」と表示されます。

この状態でのプロジェクト ファイルは次のようになっています(プロジェクト ファイルの表示はソリューション エクスプローラー上でプロジェクト名を右クリックして「プロジェクト ファイルの編集」を選択する)。


<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk">

  <PropertyGroup>
    <TargetFramework>netcoreapp3.0</TargetFramework>
  </PropertyGroup>

</Project>

これを次のように変更します。


<Project Sdk="Microsoft.NET.Sdk.WindowsDesktop">

  <PropertyGroup>
    <TargetFramework>netcoreapp3.0</TargetFramework>
    <UseWPF>true</UseWPF>
  </PropertyGroup>

</Project>

これで参照ができるようになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です