「WPF」カテゴリーアーカイブ

WPF でグラフのイメージを作成・表示

WPF 上でグラフを作成・表示するプログラムです。
System.Windows.Media.Geometry クラスの派生クラスでグラフの図形情報を作成し、System.Windows.Media.DrawingVisual オブジェクトへ System.Windows.Media.DrawingContext.DrawGeometry メソッドを用いて図形情報を描画します。描画を行った DrawingVisual オブジェクトは System.Windows.Media.Imaging.RenderTargetBitmap オブジェクトの Render メソッドを用いてビットマップ化を行い、WPF の Image 要素を用いて画面上に表示します。 続きを読む WPF でグラフのイメージを作成・表示

WPF で MVVM なサークル描画プログラム

MSDN の記事「ビットマップとピクセル ビット」でクリックした場所に円を描くサンプルを見かけて、「これを MVVM なプログラムで実現しようとするとどうなるかな」という興味から作ってみました 😀 作るついでに、定型の円を描くのではなくて、クリックした場所を中心に、ドラッグした位置の高さと幅を持つ楕円を描くようにしてみました 😉 続きを読む WPF で MVVM なサークル描画プログラム

CollectionViewSource のフィルタ処理の再評価

WPF の DataGrid へフィルタ処理を行ったデータを表示している場合に、表示しているデータの修正で当該フィルタの表示条件に関わる項目が修正された際(表示条件が true から false になった場合)、プロパティ変更通知を行っても当該データが DataGrid に表示されたままの状態となります 🙁 そこで、フィルタ処理の再評価を明示的に指示する必要があります(逆に言うと、フィルタ処理の再評価を行うのに、プロパティ変更通知は不要です)。 続きを読む CollectionViewSource のフィルタ処理の再評価

WPF でビューモデルからスクロールを行う

WPF で MVVM なプログラムを組んでいる時に、「DataGrid の表示を末尾までスクロールさせたい」とか「1行下にスクロールさせたい」というときがありますよね。それを添付プロパティを用いることでビューモデルから行えるようにしてみました。対象を Control にしているので、TextBox のスクロールも行うことができます 😉 続きを読む WPF でビューモデルからスクロールを行う

ダイアログ表示を行うビューモデル(その4)

ダイアログ表示を行うビューモデル(その3)の続きです。

前回まででライブラリが完成したので、今回はライブラリを使ったアプリケーション例です。今回は「プロジェクトの作成」「プロジェクトへの設定」「ビューモデル」を書きます。ビュー関係は次回書く予定です。 続きを読む ダイアログ表示を行うビューモデル(その4)

ダイアログ表示を行うビューモデル(その2)

ダイアログ表示を行うビューモデル(その1)の続きです。

前回仕様を書いたので、プログラムに入ります。
今回は「プロジェクトの作成」「プロジェクトへの設定」「ビヘイビア関係のプログラム」を書きます。ビューモデル関係は次回書く予定です。

まずはプロジェクトの設定から。
「新しいプロジェクト」から「クラスライブラリ」を選択し、プロジェクトの名前を入力します(TransitionViewModelBase としています)。 続きを読む ダイアログ表示を行うビューモデル(その2)