「WPF」カテゴリーアーカイブ

WindowsXamlHost コントロールを利用して WPF で UWP のコントロールを使用し View Model からデータ表示を行う

WPF のアプリケーションで TextBlock コントロールに UnicodeのEmoji を色付き絵文字として表示したいということで、試行錯誤していい感じに使えるようになったので、記事にしておきます。

実現したいこととしては、次の3点がありました。

  • UnicodeのEmoji を色付き絵文字として表示したい。
  • リンク付きのテキスト表示を行いたい。
  • View Model からデータ表示を行いたい。
続きを読む WindowsXamlHost コントロールを利用して WPF で UWP のコントロールを使用し View Model からデータ表示を行う

アプリケーション設定のサンプルプログラム

アプリケーション設定を行うウインドウを持つサンプルプログラムを作成してみました。MainWindow、モードレスウィンドウの Modeless01Window そしてメニューアイテムの ツール > オプション から表示する OptionWindow の3つのウィンドウを持ちます。

続きを読む アプリケーション設定のサンプルプログラム

WPF on .NET Core 3.0 で UWP の SpeechSynthesizer を使う

.NET Framework では、音声合成を利用するアプリケーションを System.Speech.Synthesis.SpeechSynthesizer クラスを利用することで作成できましたが、.NET Core では、上記クラスを利用することができません。そこで、UWP で利用できる Windows.Media.SpeechSynthesis.SpeechSynthesizer クラスを使用する WPF アプリケーションを試作してみました。

続きを読む WPF on .NET Core 3.0 で UWP の SpeechSynthesizer を使う

WPF(.NET Core) の機能を利用する DLL プロジェクト

WPF(.NET Core)の機能を利用する DLL プロジェクトの作成についての備忘録です。

2019年11月17日時点では DLL プロジェクトのテンプレートで .NET Core 用のものを選ぶと、そのままでは WPF(.NET Core)用のライブラリ参照ができないので、プロジェクト ファイルの編集を行う必要があります。

続きを読む WPF(.NET Core) の機能を利用する DLL プロジェクト

WPF で読みがなを取得(3)

テキストボックスに入力された日本語の文章や固有名詞(名前など)から読み仮名を取得する方法について、Microsoft から提供されている “Microsoft Visual Studio International Feature Pack 2.0” に含まれている “YomiganaWPFTextBox” コントロールを利用する方法を以前書きましたが、ユニバーサル Windows プラットフォーム用の API をデスクトップアプリケーションから利用する方法があり、この方法を使うことで Windows.Globalization 名前空間の JapanesePhoneticAnalyzer クラスが利用できることから、追加で記事を書いておきます(使い方の紹介だけなので、特に内容はありません)。 続きを読む WPF で読みがなを取得(3)

Window サイズの変更に追随して MaxSize を変更するビヘイビア

情報の表示と一覧の表示をそれぞれのボタンクリックで行い、情報の表示領域と一覧の表示領域をそれぞれのボタンがクリックされたときに切り替え、さらに、ウィンドウサイズの変更に追随するものを作ってみました。ウィンドウサイズの変更への追随部分はビヘイビアで作成しています。 続きを読む Window サイズの変更に追随して MaxSize を変更するビヘイビア

システムのスリープからの復帰時にコマンドを起動するビヘイビア

アプリケーションが起動している最中のシステムの電源状態の変更(スリープ状態への移行、スリープ状態からの復帰)時に、特定の処理を行いたい場合に利用することができる、WPF 用のビヘイビア PowerModeChangedBehavior を作成しました。MakViewModelBase に組み込んでいます。 続きを読む システムのスリープからの復帰時にコマンドを起動するビヘイビア

WPF で読みがなを取得(1)

WPF なアプリケーションで、IME で入力された文章の読みがなを取得したいことがあります(名前とか住所とかの入力など 😉 )。これは Microsoft から提供されている "Microsoft Visual Studio International Feature Pack 2.0" に含まれている "YomiganaWPFTextBox" コントロールを利用することで実現できますが、このコントロールは MVVM なパターンでは単純に用いることができません。

そこで、コードビハインドで利用するパターンのものと、MVVM で分離するパターンを二回に分けて書いてみます。
(2016年5月16日追記 UWP 用の API をデスクトップアプリケーションから利用する方法を使うことで Windows.Globalization 名前空間の JapanesePhoneticAnalyzer クラスの GetWords メソッドを利用して読み仮名を取得する方法を WPF で読みがなを取得(3) として追加しました) 続きを読む WPF で読みがなを取得(1)