Windows 10 Insider Preview でデスクトップガジェットを使ってみた(正式版でも動作を確認)

備忘録として書いておきます。

仮想マシン上に Windows 10 Insider Preview を入れて、お試しをしていますが、デスクトップガジェットが使えない不便さが気になりました。Windows8 からデスクトップガジェットが廃止されましたが、デスクトップ上に情報を表示しておける便利さは捨てがたいものがあります 😉

そこで、Windows8 上でデスクトップガジェットを利用できるようにする8GadgetPack を Windows 10 Insider Preview にインストールしてみました。

(2016/09/16 追記 – 開始)
Windows 10 Anniversary Update (バージョン 1607) が降ってきたので 8GadgetPack の FAQ を確認すると、Windows 10 Anniversary Update が適用されたものは最新バージョン(v20) で動作する(一部のガジェットを除く)と書かれていたので最新版をインストールしたところ、私の環境では問題なく動作しています。
(2016/09/16 追記 – 終了)

(2015/09/15 追記 – 開始)
Windows 10 正式版でも動作を確認しました。

上記の一次配布サイトで、上段に “無関係のダウンロードボタンを表示する広告” が表示される場合があることを確認しました。当該ツールのダウンロードリンクは、「Use gadgets in Windows 8 / 8.1 / 10」と表題表示している画面表示画像の右側にある Download v15.0(2015/09/15 現在)の表題が付いているダウンロードボタンです。
(2015/09/15 追記 – 終了)

(2015/12/20 追記 – 開始)
Windows 10 の November Update(2015年11月)にて、Windows 10 Home エディションで 8gadgetpack が使えなくなっていましたが(Windows 10 Professional エディションでは Update 適用後も問題なく使えました)、8gadgetpack v17.0(2015年12月04日リリース)をインストールし、再度ガジェットの設定を行うことで、利用することができるようになっていることを確認しました。
(2015/12/20 追記 – 終了)

入れてみた結果は、特に問題なくデスクトップガジェットが復活しました 😀
8GadgetPack には多くのガジェットが同梱されていますが、わたしが使っているものは入っていなかったので「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets」フォルダにある必要なガジェットのフォルダを OneDrive 経由でコピーして使えるようにしました。

なお、デスクトップガジェットは、悪意のある作者が作ったものなどを入れてしまうと、セキュリティの穴になったりしますから、信用できるものだけを使うようにしてください(これは通常のアプリケーションのインストールと同様)。

# まぁ、デスクトップガジェットはプログラム自体の改ざんが比較的容易にできるという点もあるけど、これは改ざんされるということは、その時点でセキュリティが破られているわけで。。。


1 thought on “Windows 10 Insider Preview でデスクトップガジェットを使ってみた(正式版でも動作を確認)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です