ロシアに隕石落下

ロシア中部のチェリャビンスク州に現地時間の2月15日午前9時すぎ(日本時間15日正午すぎ)隕石の落下があったみたいで、怪我をした人が千人以上出ているみたいですね。隕石の落下が原因でこんなに多数の人が負傷したことが明らかなのって、初めてらしいです 😯

ロシアへの隕石落下といえば、1947年2月12日に当時のソビエト連邦東部に落下してきた「シホテアリニ隕石落下(リンク先はウィキペディア)」で900トン弱といわれる小惑星が降ってきたのがありますが、日本にも降ってきてるんですよね(2003年2月に広島市安佐南区の建物の鉄板製屋根を突き破った414グラムの隕石とか)。

今回の隕石は詳細がまだ不明ですが、車載カメラ等で多数の動画が記録されてるみたいで、時代の違いを意識させられますよね 😎 動画をまとめたサイトがありました。昼間だというのに明るい軌跡と飛行機雲のような白い航跡を残して飛んでるものがあるなぁと思っていたら、いきなり激しく光を出して飛び去っていってます 😯 衝撃波で窓枠まで変形した画像もあって、すごかったんだろうなぁ。。。と。遠くから見てる分には綺麗な火球なんですけどねぇ。。。近くに落ちてきたらシャレにならないですね 😕


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。