MakViewModelBase Ver. 5.1.3 をリリースしました

MakViewModelBase Ver. 5.1.3 を NuGet に公開しました。

ソースプログラムは GitHub で公開しています。

主な変更点は次のとおりです。

イベント発生時にコマンドを実行するアクション EventCommandAction を実装

Window.Closing イベント等を EventTrigger で捕捉し、EventCommandAction の Command プロパティへコマンドをバインドすることにより、イベント発生時にコマンドを実行することができます。コマンドの引数には発生したイベントの EventArgs が引き渡されます。

プロパティ変更操作にて Caller Info 属性を利用するための仕様の追加・変更

SetProperty メソッドを利用することで、プロパティの設定と PropertyChanged イベントの発火を行えるようにしました。CallerMemberName 属性を利用することでプロパティ名の引数を省略可能にしています。

NotifyObject クラス
(追加)
– protected void SetProperty(ref T property, T value, [CallerMemberName] string propertyName = null)
(変更)
– protected virtual void RaisePropertyChanged([CallerMemberName] string propertyName = null)

ViewModlBase クラス
(変更)
– protected override void RaisePropertyChanged([CallerMemberName] string propertyName = null)

ValidationViewModelBase クラス
(変更)
– public void RemoveItemValidationError([CallerMemberName] string propertyName = null)
– public bool IsPropertyAnnotationError([CallerMemberName] string propertyName = null)
– protected virtual void RaisePropertyChangedWithRemoveItemValidationError([CallerMemberName] string propertyName = null)
– protected void SetPropertyWithRemoveItemValidationError(ref T property, T value, [CallerMemberName] string propertyName = null)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。